2014 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2014 12
見た目も性格も健康も。
2014/11/20(Thu)
今朝のお散歩でのこと。
初めて会った犬連れの飼い主さん。
Aさんというおばさま。
あえて犬種は書きません。そんなにメジャーな犬種じゃないので特定出来たら困るので(笑)

まだ1才の大型犬種。
飼い主さんにとっては、初めてのワンコ。
躾も犬のこともよく分からないとおっしゃってましたが、大人しいワンコでした。

Aさんのワンコは、避妊手術をしていないメスでブリーダーさんにしつこくショーに出すよう言われているそう。
飼う際には、メスが欲しいとしか言わず特にショーにチャレンジすると言っていなかったが、血統が良いんだからショーチャレンジしないともったいないと言われたし、ショーチャレンジしようか悩んでいるとのこと。

うちは、ショーチャレンジしてないのであまり詳しいことは分からないけども、血統がとても良いそうで祖父母はアメリカでCHに。親犬も日本でCHだそうです。

ここで本題。ショードッグの事は、そこまで詳しくない私でも分かる程度にその犬の構成は良くなかったのですw
昔祖父が飼っていた犬種だったし、今も親しい友人が飼っている犬種だったのである程度の良し悪しは分かる…
脚の角度や毛色、マズルとスカルが細すぎて…
もちろん、家庭犬としての資質はこれには関係しませんし、健康で大人しく友好的な性格だったので可愛い家庭犬。
性格も構成も良くてこそショーで勝てる。
性格だけ、または見た目だけ、健康だけ、どれも一つだけでは良いとは言えません。三拍子揃ってこそ交配にむいている。

ショーチャレンジするだけなら自由。けど、交配するとなるとそうはいきません。
多分、彼女にショーチャレンジを勧めているブリーダーはきっと交配させようとしているのでしょう。他人事というか、他犬種ながらこういうスタンダードから外れた犬を増やすのはどうかなぁ…
言っちゃ悪いが、詳しくない飼い主さんを唆しているとしか思えない…。


血統が良い=良い犬

みたいな勘違いすごく多いんですよねぇ。
血統が良くても、その良いところを受け継いでいるとは限らないのに。
鳶が鷹を生む。は、犬では通用しないと思うけど。

さて、結局私はその出会った飼い主さんに、詳しくないけどショーマナー入れたりJKCの会費を払ったり、全国津々浦々に行かねばならないことや、飼い主が出来なければブリーダーに預けたりすることも、伝えました。
もちろん、チャレンジするのは自由なので一概に止めてはいませんが、飼い主さんはどうやらショーマナーを入れる時間や全国津々浦々行く時間が取れなさそうけどもブリーダーに預け離れるのも嫌だそうです(笑)


けど、今朝のこの会話でつくづく色んなブリーダーがいるものだなと…
やだなぁ。犬自体を見ず、血統書のみ見て判断するこの風潮。
スポンサーサイト
この記事のURL | グレート・デーン考or犬考 | CM(1) | ▲ top
| メイン | 次ページ