2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
楽しい帰省が一転。 -後編-
2015/04/07(Tue)
にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ
にほんブログ村
⬆︎⬆︎⬆︎
Click it please






14日の夜に発症してから15日の朝オペが終わるまで、友人が駆けつけてくれ、一緒に待合室で待ってくれたので暇を持て余すこともなく睡魔も訪れなかった。
結局、15日はダンの入院手続きを済ませてからも寝ず元々の予定だった犬友飲み会でしたー!

里心がつくといけないので、お見舞い無し!
獣医さんから連絡が無いということは、順調な証拠なので退院まで静かに待つことに。
ダンがいないのを良いことに遊び歩いたことは内緒w



3日の入院の予定だったのに、驚異の回復力で2日でお迎えになりました。
意外なほどスタスタw


お留守番時だけエリカラ装着。


ちょいグロいですよー 小さいほうの傷は、胃固定術のための傷。 2週間経った頃には、だいぶ元どおり! ご飯とお水は、完全にコントロール。 ご飯は、完全にふやかしたものを4回に分け、お水は、一度に飲める量は100ml、間隔は30分あけて。 お水のコントロールは、回復と共に緩めました。 またみんなと山に行けて、本当に良かった!! 桜の開花も楽しめたし! 無事ダンと一緒に東京に戻ってきましたよー
スポンサーサイト
この記事のURL | グレート・デーン考or犬考 | CM(2) | ▲ top
コメント
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/04/10 21:22  | | #[ 編集] ▲ top
- Re:  -
コメントありがとうございます。
お名前に見覚えがないんですが…
多分、あの方かしら?と、いうのはあります(笑)

かかりつけ医は、みなさん捻転の知識お有りか確認済みでした。夜間救急の獣医さんは、確認せずともやはり大型犬が捻転でよく運び込まれるのでもちろん知識お持ちでしたし。

脾臓は、点状出血と靭帯が伸びてなければ温存したかったんですけどね。
靭帯伸びてましたからもちろん摘出で。
先代犬がなったので、捻転については色々と知識持っていたので、今回役立って良かったです。
胃固定は、アバラ骨を通す方法を希望だったのですが、当初の予定よりオペ時間が長かったので断念しました。
なので、腹壁と癒着するであろう半年は、再発に注意して胃拡張にも注意しておかなくては。


フードはアレルギー有るので種類は今までと変えずで、今までは支度一時間前からでしたが、前日から準備することにしました。
2015/04/21 23:45  | URL | まお #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。